ふくらかな光が差し込む、元和菓子屋さんのおうち。夢がふくらみます。
見出し画像

ふくらかな光が差し込む、元和菓子屋さんのおうち。夢がふくらみます。

結城市古民家研究所「YUILABO」

あたたかくて、あかるくて。「良い物件」をそれたらしめる要素は、きっと数多くあるのでしょうが、「あたたかさ」もそのうちのひとつなんだろうなぁと感じます。

今回お邪魔した、元和菓子屋さんのおうちは、まさにその趣が香るものでした。

画像1

外観は、まさに「シック」の表現がぴったりな風情のあるムード。静的で、どこかおしとやかな感じすら漂わせています。

画像2

綺麗に並ぶ瓦屋根からは、時代性をひしひしと感じさせられます。こういうの、グッと来ません?

画像3

中へ入ってみれば、先ほどの雰囲気とは打って変わって、あたたかな空気が流れているかのような趣。もともと和菓子を販売していたこともあり、これはちょっと言い過ぎかもしれませんが、なんだか甘い匂いがしてくるような感覚も……?

画像4

きっと大福やおまんじゅうなどの和菓子が並んでいたであろうショーケースも、大きめのテーブルも椅子も、まだまだ綺麗なままで保たれています。うーん、パン屋さんが良い。レコードショップになるのも楽しいだろうな。おみやげ屋さんなんかも良いな。妄想している時間、すごく楽しい。

画像5

画像6

さすが「和菓子屋さん」とだけあって、畳や組子のディテールもしっかり存在していて。あたたかなムードは、日の光だけでなく、こういった部分からも香ってくるものなんですね。

画像7

きっと、お店が良いでしょう。住居としてはあまり向いていない物件かもしれません。人がワイワイ楽しんでいる姿、穏やかに談笑している様子、やわらかくてふくらかな、あたたかみあふれるムード。みんなが集まる場になると良いだろうなぁと妄想しつつ、きっと同じ思いを持った方に注目していただきたいなぁとも思いつつ。夢ふくらむ物件、ぜひともごひいきにどうぞ。

<物件情報>
・構    造:木造1階建
・築年数:34年
・面    積:58.80㎡
・所在地:茨城県結城市大字結城386-3
※物件の空き状況は流動的となりますことをご了承ください。
※利活用の目的等により可否は要相談となりますことをご了承ください。
<本物件に関するお問い合わせ先>
結城市役所 企画政策課
kikaku@city.yuki.lg.jp
※お問い合わせ内容を確認の上担当者よりご連絡をさせていただきます。
結城市古民家研究所「YUILABO」
ここは古き良き城下街の風情が色濃く残る街・茨城県結城市に眠る『古民家』の可能性を探る研究所。 個性豊かな古民家や、古民家利活用事例をご紹介しながら、新たな活用方法を、あなたと一緒に探ります。 『自分の好きを形にしたい』 そんなあなたのチャレンジのキッカケになりますように。